キャンプ道具のシェアリングエコノミーなど運営する、キャンプ女子株式会社が内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」へ参画いたしました

キャンプ女子株式会社

d46252-50-588842-3

====以下、PR TIMESから転載====

キャンプ女子のためのインスタグラム「キャンジョ」や、キャンプデビューを応援するキャンプレンタル などを運営するキャンプ女子株式会社は、「SDGs(持続可能な開発のための目標)」の取り組みを推進するため、内閣府が設置した「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に参画したことを発表しました。

地方創生SDGs官民連携プラットフォームとは

内閣府により、SDGsの国内実施を促進し、より一層の地方創生につなげることを目的に、広範なステークホルダーとのパートナーシップを深める官民連携の場です。

地域創生SDGs 官民連携プラットフォーム:https://future-city.go.jp/platform/

キャンプ女子が取り組む持続可能なアウトドア

キャンプ女子株式会社は「ずっとキャンプを楽しむ自然を守る」をコンセプトに、キャンプをしながら地球環境に配慮ができる商品の開発や販売、企業コラボを行っていきます。

老舗布団メーカーとのコラボによる「古い布団から寝袋を作る」サスティナブル寝袋の開発。そして国内初のフラッグシップショップ「キャンジョストア天神イムズ店」では、キャンプ料理でも使える脱プラスチックアイテム「スタッシャー 」の販売なども行っています。

==================

PR TIMESで本文を見る

Share

ライター / 福岡スタートアップニュース編集チーム

おすすめ