キャスター、みずほ銀行主催 「Mizuho Innovation Award」を受賞

株式会社キャスター

main

こんにちは、福岡スタートアップニュース編集チームです。

「リモートワークを当たり前にする」をミッションに掲げる株式会社キャスター(本社:宮崎県)が、株式会社みずほ銀行が有望なイノベーション企業を表彰する「Mizuho Innovation Award」(2020年2Q期)を受賞したことを発表しました!

■ポイント

  • キャスターは「リモートワークを当たり前にする」をミッションに掲げ、2014年の創業時よりフルリモートワークで組織を運営

  • 「Mizuho Innovation Award」は、みずほ銀行がイノベーション企業の成長支援を目的に、四半期ごとに開催

  • リモートワークについての先見性と、今後の大きな成長に期待が持てる点が評価された

2014年の設立以来、フルリモートワークを行ってきたキャスターさんが「Mizuho Innovation Award」を受賞! キャスターの皆さん、おめでとうございます!

====以下、PR TIMESから転載====

「Mizuho Innovation Award」は、みずほ銀行がイノベーション企業の成長支援を目的に、四半期ごとに、ビジネスモデルの優位性、チーム力、成長可能性などを評価の軸として対象企業を選定し、表彰するアワードです。

評価ポイント

このたびの受賞理由として、今にわかに脚光を浴びているリモートワークについて、普及が進まない時期からいち早く事業展開を進めてきた先見性を強みに、リモートワークにより働き方を変革するプラットフォームのポジションを確保しており、今後の大きな成長に期待を持てる点が評価されました。

今後も「リモートワークを当たり前にする」というミッションのもと、日本社会のリモートワーク推進に貢献し、働く人が自由な働き方を選択する機会を提供できるよう、事業展開してまいります。

株式会社キャスターについて

「リモートワークを当たり前にする」をミッションに掲げ、2014年の創業時よりフルリモートワークで組織運営。多様な勤務形態や副業を認め、柔軟に働ける環境を整えており、当社への採用応募および登録者は月2,000件以上。現在700名以上のリモートワーカーが在籍しています。ISMS、プライバシーマーク取得済み。2019年テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)において 特別奨励賞を受賞。

==================

PR TIMESで本文を見る

Share

ライター / 福岡スタートアップニュース編集チーム

おすすめ