”AI/IoT/ICTで畜産をアップデート”するコーンテックが1万頭の豚を飼育する協同ファーム(宮崎)と実証実験を開始!

株式会社コーンテック

sub1

こんにちは、福岡スタートアップニュース編集チームです。

株式会社コーンテック(本社:熊本市)が、有限会社協同ファームと共に、養豚分野における人手不足の解消及び養豚農家の利益改善を目指すアグリテック化を目的とし、協同ファームの豚舎にてIoT機器を活用し、飼育中の豚の「体重」「体温」「外気温」「音声」などをデータとして収集、それをAIで解析していくことで、養豚の最適育成モデルを構築していくことを目指す実証実験の取り組みを開始することを発表しました!

■ポイント

  • コーンテックは、家畜における餌の”コスト課題”を解決する熊本発のアグリテック企業

  • 今回の実証実験では、IoT機器とAIを駆使し、養豚の最適育成モデルの構築を目指す

  • 同社はすでに全国100か所以上の畜産事業者に対し、20~30%以上のコストを削減、経営改善をした実績を持つ

最新技術を応用した畜産現場に根ざした課題解決の取り組みです。地方に根を張るコーンテックさんだからこそできる実証実験ということで、今後の動向にも目が離せませんね!

====以下、PR TIMESから転載====

「自家配合プラントの構築」と「飼料マネジメント」を通して餌のコストダウンを実現

弊社は、「自家配合プラントの構築」と「飼料マネジメント」を畜産農家ごとにコンサルティングし、畜産における”手間”と”コスト”の削減を行っています。我々がこうした事業に取り組むのは、家畜の餌にかかる割合が経営コストの60%以上を占めるほど大きく、畜産の儲からない体質の要因となっているからです。餌のコスト高から経営状況の悪化を招き、後継者不足といった深刻な事態にまで発展しているのです。

そこで、「自家配合プラントの構築」と「飼料マネジメント」を通して餌のコストダウンを実現していきます。

既に全国100か所以上(弊社の前身「株式会社吉角」から譲渡を受けたもの)の畜産事業者がこの仕組みを導入20~30%以上のコストを削減し、経営改善を実現しています。

この度、コーンテックの自家配合飼料プラントを導入頂いている宮崎県中部川南町で1万頭の豚を飼育する協同ファームと共にIoT機器を活用し、飼育中の豚の「体重」「体温」「外気温」「音声」などをデータとして収集、それをAIで解析していくことで、養豚の最適育成モデルを構築していくことを目指す実証実験の取り組みを開始致しました。

【実証実験概要】
「養豚の最適育成モデルの構築を目的とした実証実験」

本プロジェクトでは、家畜の餌にかかる割合が経営コストの60%以上を占めるほど大きく、畜産の儲からない体質、経営状況の悪化が招く後継者不足といった深刻な問題を「自家配合プラントの構築」と「飼料マネジメント」を通して餌のコストダウンを実現し、20~30%以上のコストを削減、経営改善を実現しています。更にAI/IoT/ICTを活用した養豚の最適育成モデルを構築し、養豚農家に肉質が良くなる、且つ餌のコストダウンにより儲かる養豚経営を実現させ、これまでのきつい・儲からない養豚農業から、楽しい・儲かる養豚農業へ変え、地域の産業振興と次世代の育成に貢献します。

sub3

<AI/IoT/ICT活用の実践によって目指す成果>

畜産や農業というのは経験や勘に基づく、一番と言ってもいいぐらいの再現性の低い業界に位置しており、一つのマニュアルで解決出来る問題ではありません。また、大きな農場だと一つの市や町ぐらいの家畜数がいるのを、家畜の体調や餌の配合、病気の早期発見など、人間が到底把握出来るものではありません。

それらを、経験と称して人間がやっていたものを、カメラや気温、湿度、気象予測、餌の状況など全てをモニタリングし、AIで最適化することで畜産農家に利益体質をもたらし、今まで儲からないと言われていた畜産業を、“畜産が儲かる”といった業界構造に変えていけると考えております。またフードロスにも着目し、エサにどれだけエコフィード を混ぜられるかなどの社会課題にも取り組み、循環の仕組みに貢献していきます。

==================

PR TIMESで本文を見る

Share

ライター / 福岡スタートアップニュース編集チーム

おすすめ