地域の飲食店を社食として利用できるサービス「びずめし」を提供開始

Gigi株式会社

d45433-113-514010-4

====以下、PR TIMESから転載====

コロナ禍のお店を先払いで応援するフードテックサービス「さきめし」を運営するGigi株式会社は企業・社員が地域の飲食店を社食として利用できるサービス「びずめし」の提供を開始いたします。併せて、株式会社ジャパネットホールディングス(本社:長崎県佐世保市/代表取締役社長 兼 CEO:髙田旭人)が「びずめし」導入の第一号案件となったことを発表しました。

びずめし公式サイト : https://bizmeshi.jp/for-corporate

「びずめし」は、地域と社員においしく、企業も共に支え合う、新たな社食スタイルを提案するサービスです。利用可能な飲食店は全国14,000店(※)。オフィスエリアも、社員の居住エリアでも、地域の飲食店を社食として利用することができます。企業規模、本社、拠点などの勤務エリア、外回りの多い部署や在宅など多様化する勤務形態に応じて、公平な福利厚生として導入いただけます。
また、飲食店に足を運ぶことで、新型コロナウィルスによる人々の生活の変化により影響を受けた地域経済を応援でき、地域コミュニティの一員として企業・社員が地域に貢献できるサステナブルな取り組みにつながります。「びずめし」はニューノーマルを共に生きていくための新しい社食サービスです。
※当社が運営する「ごちめし」「さきめし」に参加登録している店舗がお店のメニューを社食として提供するスタイルです。

■ 「びすめし」について

d45433-113-536729-3

※日本経済団体連合会「企業の福利厚生制度に関する調査」

会社・社員が地域とつながることで地域が活性化

d45433-113-253113-0

びずめしに登録している全国14,000店舗で利用できるので、会社の近隣だけでなく、拠点や担当部署(外回りが多い営業)、勤務形態(テレワーク)など社員間の不平等を解決。社員が飲食店を「食べて応援」することで地域の活性化につながります。

持続可能な開発目標(SDGs)× 「びずめし」
豊かで活力ある未来のために、SDGsを通じた具体的な成果を求められている今、「びずめし」は企業の課題の解決と新たな価値の創造を支援します。

d45433-113-672139-5

■ ジャパネットホールディングスが初号案件として導入決定

ジャパネットホールディングスは、2020年11月に麻布エリアで実施したテストマーケティングを通じて、導入を決定いただきました。「びずめし」を体験いただいた社員のみなさまから、「沢山の社員さんが利用されてました!飲食店が賑わっていて良かったです!」「会社の仲間とお昼に行くきっかけになって、新しいお店も知れて大満足です」というお声をいただきました。また、飲食店の方からも「1日10食ほど社員の方に利用いただけました。本当に有難いです!」「よくお越しの方が社員さんだとわかってなんだか距離が近くなった気がします!」という反響をいただいております。

ジャパネットホールディングス導入規模

  • 導入拠点
    全国22の拠点のうち、社員食堂を導入していない17拠点で導入。

<びすめし導入拠点>

d45433-113-307816-2


(長崎)万才・目覚・稲佐山・多良見・長崎空港 
(福岡)粕屋・西新・平尾・六本松・照葉・ジャパネットレクリエーションラボ(大阪)梅田 
(愛知)春日井 
(山梨)山中湖 
(東京)麻布 
(千葉)市川・流山

 <タニタ食堂> 
(長崎)日宇・大塔・喜々津 
(福岡)博多 
(東京)東陽町 
※ 社員食堂導入拠点では、社食メニューの無料提供を予定

  • 適用範囲
    社員・パート・アルバイト含む全従業員

  • 対象人数
    社員食堂を導入していない拠点在籍の約1,500名が対象

  • 「びずめし」導入背景 
    社員一人ひとりの心身の健康のため、多くの施策を導入してきたジャパネットホールディングスが、社員の心身の健康と、新型コロナウイルス感染拡大に伴い苦境を強いられている飲食店に負担をかけることなく支援する、という当社の理念に賛同してくださり、導入を決定されました。
    さらに「びずめし」の画面上に寄付機能を追加し、日本でまだ深く根付いていない寄付文化を広げていくことを目指しています。

■ 社食サービス「びずめし」を導入いただける法人・団体さまを募集中

d45433-113-741163-1

「びずめし」を導入いただける法人、団体さまを募集しています。以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ:https://share.hsforms.com/1Ougixc3uThyA7bEYma1Vnw4fbv9

当社は、「ごちめし」「さきめし」「びずめし」を通じて、今後も’Pay it forward’(恩送り・利他)の精神、「ありがとう」の気持ちが連鎖する明るい未来に向けた新たな食のプラットフォームを目指し、運営を行なってまいります。

==================

PR TIMESで本文を見る

Share

ライター / 福岡スタートアップニュース編集チーム

おすすめ