アマチュアスポーツ大会運営の革命!次世代型大会運営サービス「グリーンカードモデル」をリリース

株式会社グリーンカード

green-card

こんにちは、福岡スタートアップニュース編集チームです。

アマチュアスポーツの結果速報と進路情報に特化したWEBメディア「ジュニアサッカーNEWS」を運営する株式会社グリーンカードは、2020年10月10日に次世代型大会運営サービス「グリーンカードモデル」をリリースしました。

■ポイント

  • グリーンカードが2020年10月10日に次世代型大会運営サービス「グリーンカードモデル」をリリース

  • 「コロナ対策」「大会価値向上」「大会収益化」をキーワードに、ライブ配信などを行うことで大会の収益化が可能

  • すでに佐賀・徳島などのインハイ代替大会サッカー競技において、関係者協力のもと、試験的に実施している

多くの人にスポーツをみてもらえる素晴らしいサービスですね。このサービスがこれからのスポーツ大会のあり方を変えるかもしれません!

====以下、PR TIMESから転載====

グリーンカードモデル

https://gc-model.com/

キーワードは「コロナ対策」「大会価値向上」「収益化」

green-card_sub1

無観客試合や観戦制限試合が主流になる中、主催する大会で万が一クラスターが発生してしまったら…。

そのとき真っ先に責任を問われるのは大会主催者です。

新型コロナウイルスに加え、少子化やスポーツ離れも着実に進み、大会やチームの運営が難しい時代に突入しました。

これからの時代は「コロナ対策」「大会価値向上」「大会収益化」が重要なキーワードとなりました。

スポーツ活動をどうやって守るか、そして選手やファンの為に何をするべきかを問い、スポーツの在り方を真剣に考えるときがやってきました。

ニューノーマルな大会運営とは

green-card_sub2

大会特設サイトとライブ配信を組み合わせ、新型コロナウイルス感染対策をしながらも、選手と保護者、関係者の満足度を高め、今まで以上に大会を盛り上げられる。

そこにスポンサーを募る仕組みや複数の収益ポケットを用意し、大会開催費用をペイすると共にスポーツ界の資金不足解消を模索していく。

グリーンカードが提供するのは、これらをワンストップで行う「グリーンカードモデル」です

==================

PR TIMESで本文を見る

Share

ライター / 福岡スタートアップニュース編集チーム

おすすめ