福岡県サッカー協会✕株式会社グリーンカードがAIカメラの実証実験へ。レンタルコートの可能性や協会の活動のDX化へのチャレンジの一年に

株式会社グリーンカード

d16681-40-715126-0

====以下、PR TIMESから転載====

2021年4月から2022年3月までの1年間、福岡県サッカー協会が運営・管理する福岡フットボールセンターでAIカメラの実証実験を開始します。協会の事業の発信力を高め、情報の透明性、レンタルコートの価値向上、協会のDX化など多角的なフェーズで実験を行います。実証実験は福岡県福岡市の株式会社グリーンカード(代表:羽生博樹)が連携して実施することを発表しました。

2020年から、コロナ禍における試合のライブ配信に力を入れていた福岡県サッカー協会が、株式会社グリーンカードと連携し、サッカー協会が管理・運営する福岡フットボールセンター(福岡県福岡市)において1年間のAIカメラの実証実験を行うことになりました。実証実験期間は2021年4月から2022年3月末までです。

協会主催の大会である「高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ 福岡」のほか、福岡フットボールセンターで開催される公式戦、九州の強豪高校サッカー部1年生の参加によって行われる球蹴男児U-16リーグなど、各種大会で試験的に映像の配信を実施します。検証の実証フェーズとして、大会の動画配信だけでなく協会の独自配信や大会以外の配信活用なども視野に入れた、幅広くAIカメラの可能性を追求する局面を設定しています。

福岡フットボールセンターはサッカー協会が自前で運営する、全国的にも珍しい球技場です。人工芝グラウンド2面(ナイター照明完備)とクレイグラウンド2面(1面照明完備)を備えています。

d16681-40-644928-2

福岡県サッカー協会 会長 井上辰馬氏コメント

この度、2020年より「パートナーシップ」を結んでいる株式会社グリーンカード様のお力添えで、福岡フットボールセンターAピッチに「AIカメラ(自動追尾システム搭載無人カメラ)」を設置し、検証を兼ねた運用実験に取り組むことになりました。

私達はお互いのストロングポイントを理解、共有することにより、新しい取り組みにチャレンジをいたします。昨年より「コロナ禍」における動画配信に取り組んで参りましたが、今回のチャレンジは拠点となる施設に高性能AIカメラを据え置き、注目度の高い試合をライブ配信いたします。

この取り組みにより、サッカーファミリーの皆様が手軽にライブ配信を楽しめ、それはすなわち「コロナ禍」における「3密」回避につながります。私達のチャレンジは安全と前進を常に意識し、スポーツ界、またその施設の理想となる試みとなると信じております。

文責 公益社団法人福岡県サッカー協会 会長 井上辰馬

コロナ禍でもサッカーを失速させない、を目指して

d16681-40-160736-1

福岡県サッカー協会は、「3密」を避けるべく、緊急事態宣言が出た2020年4月には完全オンラインの審判試験システムを導入。
「高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ 福岡」の運営も、リーグ公式サイトに運営担当者が集約するのではなく個々の会場から会場担当者が入力することで結果を総括できるシステムを導入し、試合結果の即時性・透明性を高める試みをしています。

運営1年目で「高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ 福岡」公式サイトは年間で約14,000人が訪れるサイトとなり、同大会のライブ配信には平均3,300人の視聴者が訪れています。

「高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ 福岡」公式サイト
https://fukuoka-fa-u18.com/

該当試合のライブ配信を行っているグリーンカードチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCY_yN8KqxoRFo1XsrLnv8ww

==================

PR TIMESで本文を見る

Share

ライター / 福岡スタートアップニュース編集チーム

おすすめ