割引券の発行を『永久無料化』で、店舗集客をさらに後押し!

株式会社KINCHAKU

image

====PR TIMESから転載====

「ウォレットパス」の発行から運用・分析までをワンストップで行える店舗集客クラウドサービス「KINCHAKU(キンチャク)」を運営するKINCHAKU株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:新宮ドミ、公式サイト:https://kinchaku.com/ )は、スタンプカードの発行に加え、割引券の発行も「永久無料化」することに致しました。
さらに、2020年11月5日より決済サービスSquareとの連携も可能になり、これまで以上にペーパレス化の加速を実現していきます。

◆リアル店舗集客のサポートともなる割引券の発行
今回の割引券の永久無料化により、さらに多くのお客様に来店いただける施策が可能になります。年代別、性別、来店頻度など、セグメント別に割引券を発行したり、誕生日特典としての発行なども可能なため、顧客層に合ったカスタマイズされたサービスの提供も実現できます。

発行された割引券はスマホのウォレット (Wallet/Google Pay) 内に保存されるため、紛失の心配もなくなります。スマホに送れる通知を活用すれば、割引券の使い忘れも減り、集客効果の向上が期待できます。

▼KINCHAKU無料登録はこちら
https://app.kinchaku.com/signup

◆店舗向け決済サービスSquare(スクエア)との連携を開始
これまではオンライン決済サービス「Stripe(ストライプ)」とのみ連携が可能でしたが、今回のSquareとの連携により、オンラインはもちろん、オフラインでの売上も一元管理が可能になりました。さらに、サブスクリプション型のサービスの自動の継続課金も可能になります。

すでにSquareをPOSレジとして利用されている店舗では、新たな決済システムの導入は必要なく、簡単にKINCHAKUシステムとの連携が可能です。

==================

PR TIMESで本文を見る

Share

ライター / 福岡スタートアップニュース編集チーム

おすすめ