メドメインが複数の病院グループ等から11億円の資金調達を実施 - 病理AIソリューション「PidPort」を提供

メドメイン株式会社

d34505-10-592889-1

こんにちは、福岡スタートアップニュース編集チームです。

病理AIソリューション「PidPort」を運営するメドメイン株式会社(福岡県)、以下「メドメイン」は、複数の病院グループ、ベンチャーキャピタル、事業会社及び個人投資家を引受先とする第三者割当増資を実施し、約11億円の資金調達を実施いたしました。これにより、累計約12億円の資金調達を完了したことを発表しました。

■ポイント

  • メドメインは、世界中の医療従事者のパートナーとして病理AIソリューション「PidPort」の開発・運営を行う

  • PidPortでは、クラウドストレージ、遠隔病理診断、AI画像解析の3つの機能を提供

  • 国内外の大学・医療機関など約50施設と協力してテスト運用・実証実験を重ね、2020年2月より国内外において正式にサービス展開

医療×AI事業のスケールと可能性の大きさを感じますね。メドメインの今後の事業展開も要チェックです!

====以下、PR TIMESから転載====

■資金調達の目的と背景

このたび調達した資金は、主に病理AI開発をはじめとしたソフトウェア開発、デジタル化領域への設備投資、営業・開発体制の強化およびマーケティング費用に投資する予定にしています。

2020年2月に弊社プロダクトの「PidPort」を正式にリリースした後、これまで国内外で50施設以上の医療機関と共同研究を実施し、共同研究施設および新規の施設への製品導入を進めてきました。特に昨今のコロナ禍の影響もあり、デジタル病理へのシフトを目的とした弊社事業やサービスについてのお問い合わせが増えており、提供施設数や提供領域が拡大しています。今後、寄せていただいたユーザーの皆さまの声をプロダクト開発に活かし、併せて施設側でのデジタル環境構築そのものへの支援にも注力してまいります。また、病理AIの開発においては、多種の臓器・病変についての病理診断をサポートするAIの開発を進め、人工知能の特長を生かした革新的な疾患予測モデルの創出を行っていきます。

■複数の病院グループから新たに資金を調達

病理診断をサポートするソリューションの開発、並びにメドメインが目指す「いつどこでも必要な医療が受けられる世界の実現」に大きく期待を寄せていただき、また、事業面・技術面においても高い評価をしていただき、今回の資金調達が実現しました。

■SPVスキームを併せて活用

メドメインへの出資を目的とした専用ファンドを、既存株主であるHike Venturesが組成し、病院経営者を始めとした複数のリミテッドパートナーから資金調達を実施しました。これにより大型の資金調達を迅速に実現しています。

■メドメイン株式会社について

メドメインは、「テクノロジーでいつどこでも必要な医療が受けられる世界をつくる」をコーポレートミッションとして掲げ、世界中の医療従事者のパートナーとして、病理AIソリューション「PidPort」の開発・運営を行っています。開発、医療、ビジネス領域など、それぞれの強みを持ち合わせたメンバーで構成されており、エンジニアを中心に外国籍の社員も多く、ダイバーシティに富んだチームです。

■サービス概要 - 病理AIソリューション「PidPort」- 

- メドメインが取り組む医療現場の社会課題 ~ 深刻化している病理医不足 ~

世界的な統計の中でも病気死因の上位カテゴリーを「がん」が占めており、確定診断を行うための「病理診断」の検査数は非常に多く、また増加傾向にあるとされています。一方で、これらの診断を行う専門医である「病理医」不足が深刻化しており、病理医が1人で診断を担っている医療機関も多く、労働負荷は非常に大きくなっています。

- メドメインがどう解決するのか ~ 3つの機能で病理診断従事者をサポート -

d34505-10-254686-3

メドメインが開発した病理AIソリューション「PidPort」では、「クラウドストレージ」、「遠隔病理診断」、「AI画像解析」※の3つの機能を提供しています。また、病理診断用のプレパラートをデジタル化する「イメージングセンター」も社内に併設しており、病理診断の現場における様々な問題の解決をサポートします。これまで国内外の大学・医療機関など約50施設と協力してテスト運用・実証実験を重ね、2020年2月より国内外において正式にサービス展開しています。

※日本国内においては、AI解析に関する機能については将来的な提供を計画しており、現在、薬事申請を進めています

==================

PR TIMESで本文を見る

Share

ライター / 福岡スタートアップニュース編集チーム

おすすめ