一時保育マッチングサービス「mitete」が、厚生労働省主催「第9回健康寿命をのばそう!アワード(母子保健分野)」にて「子ども家庭局長賞 企業部門 優良賞」を受賞!

株式会社mitete

mitete

====以下、PR TIMESから転載====

株式会社mitete(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:竹内俊一)が運営する一時保育のWEBマッチングサービス「mitete(読み:みてて)」が、厚生労働省が主催する「第9回健康寿命をのばそう!アワード(母子保健分野)」において、「子ども家庭局長賞 企業部門 優良賞」を受賞しました。

  • 一時保育マッチングサービス「mitete」について

miteteは、一時保育を利用したい保護者と、受入れが可能な保育園を結ぶWEBマッチングサービスです。利用可能な保育園を検索できるのはもちろん、希望の日時と保育園を選択するだけで、一時保育の申し込み(リクエスト)までできるのが特徴です。

従来の一時保育は、保護者が自身で利用できる保育園を検索し、各所に電話等での確認・登録等が必要となるため、かなりの時間と労力を要していますが、miteteは申込みプロセスを単一化し「ワンクリックでの申込み」を実現します。

「子どもをちょっとだけ“みてて”ほしい!」と思うママたちの気持ちに応えるサービスです。

https://mitete.jp
※スマートフォン等タブレット端末のみ対応

  • 取組背景(一時保育の現状)

「一時保育」と耳にすると、利用してみたいと思う保護者は多くいます。しかし、一時保育を実際に利用する場合、一般的に、利用できる場所の検索から、各所への問合せ、事前登録・面談での訪問、書類記入、といった過程が必要です。また、登録が完了しても利用できるのは「空きがあれば」となるため、必ず利用できるわけではありません...。

一時保育は、保護者が病気や出産で子どものお世話が難しい 場合などやむを得ない事情に限らず、就職先を探したい(採用面談)、育児ストレスを発散(リフレッシュ)したい、など様々な理由で利用ができるため、保護者にとっては大変心強い育児サポートサービスです。 一方で、現在の一時保育は利用するにはハードルが高く、困ったとき、使いたいときに使えるサービスとは言い難いものになっています。

  • miteteのサービス

上記背景を踏まえて、弊社は、保護者にとって一時保育がもっと頼れるサービスとなるよう「一時保育マッチングサービス mitete」を考案しました。

miteteは、一時保育を行っている保育園を簡単に見つけることができ、miteteにのみ登録を頂ければ、複数の保育園に一括で一時保育のお問い合わせ(リクエスト)が出来るサービスです。 miteteへの登録は、保育園の事前登録を代行する形になるため、情報の入力だけではなく面談も実施しています。尚、miteteの面談スタッフは、保育現場の経験がある保育士や保健師が担当しているため、現場目線で保護者やお子さまに対応しています。保育園にとっても安心ですが、保護者にとっても有資格の専門家とお話しができる為、育児に関する相談や保育園の利用に関す る情報の確認が面談の際にできるようになっています。

mitete_sub1
  • 今後の展開

miteteは、2018年8月に福岡市が実施する「実証実験フルサ ポート事業」に採択を受けており、2020年12月まで福岡市内で実証実験としてサービスの実証を行っています。また、2020年8月には東京都内でのサービス運用を開始しました。

miteteのサービス利用者からは、「保育園が見つけやすい」「いいサービスなのでもっと利用できる保育園を増やしてほしい」といった声を頂いており、現在利用できる保育園を増やすことに尽力しています。 また、今後は福岡市や東京都のみならず全国に広めていく予定 です。

miteteのサービスが広がることで、「孤立しがちな子育て」 を解消できればと思っています。公益財団法人児童育成協会が2019年に実施した「子育て中の 親の外出等に関するアンケート調査」の結果では、約30%の方が「社会から隔絶されて自分が孤立しているように感じている」 と回答しています。miteteでは、一時保育の利用を通して、就労の機会の創出や、ゆとりをもった育児を提供することで、保護者の社会からの孤立や虐待などの問題解決にもつなげていきたいと思っています。

==================

PR TIMESで本文を見る

Share

ライター / 福岡スタートアップニュース編集チーム

おすすめ