「どこでもAR内覧」が福岡市トライアル優良商品に採択されました

株式会社YONDE

yonde

こんにちは。福岡スタートアップニュース編集チームです。

自宅に居ながらARで物件をバーチャル内覧できる株式会社YONDEのサービス「どこでもAR内覧」が、令和2年度福岡市トライアル優良商品に採択されました。

■ポイント

  • YONDEのサービス「どこでもAR内覧」が、令和2年度福岡市トライアル優良商品に採択

  • 「どこでもAR内覧」はスマートフォンのAR機能を使って住宅物件をバーチャル内覧できるサービス

  • 採択にあたって、YONDEはWeb展示会「モノづくりフェア2020」への出展権利を授与された 

ARで住宅物件を内覧できるサービスは便利で面白いサービスですね!

====以下、PR TIMESから引用====

自宅に居ながらARで物件をバーチャル内覧できる「どこでもAR内覧」が、令和2年度福岡市トライアル優良商品に採択されました。

それに伴い(株)YONDEは、令和元年度福岡市トライアル優良商品認定事業者として、Web展示会「モノづくりフェア2020」への出展権利が与えられます。

『九州最大級の産業見本市』

国内外300社超の新技術・新製品・新サービスが一堂に集結!

http://www.nikkanseibu-eve.com/mono/

yonde_sub1
  • 「どこでもAR内覧」とは

スマートフォンのAR機能を使って住宅物件をバーチャル内覧できるサービスです。

スマホのWebブラウザからサービス画面を開くと、VRヘッドセットや専用のアプリがなくても物件の3Dモデルが確認できます。

yonde_sub2

スマホを持って歩きながら、並行して3Dモデル内を自由に内覧。俯瞰して間取りを確認できるのが特徴です。

不動産業界では、全天球カメラの撮影による物件内覧サービスの導入が進んでいますが、カメラ撮影による固定視点での確認にとどまります。それに対して「どこでもAR内覧」では、より広く自由な視点で間取りを確認できるのが強みです。

メインターゲットは同じ部屋の作りが多い分譲マンションなど。部屋の作りが同じ、もしくは似ている場合は、2部屋目以降のコストが抑えられます。

==================

PR TIMESで本文を見る

Share

ライター / 福岡スタートアップニュース編集チーム

おすすめ